段ボール生産において要求されるボール紙の性質

2014-10-28《段ボール》 | No Comment

【生産性】

段ボールの生産におけるボール紙の要求される条件と物性について調べてみる。

●水分の均一性

ボール紙のの水分含量均一性の重要性は、ライナーと同じで、特にライナーと比較すると、はるかに軽量であり、厚さも薄く走行TMフィードがライナーよりも 1.3~1.6倍速いこと、また、フルート成形性、接合性の面でも、水分の均一性は極めて重要な因子の一つである。

●優れたフルート成形

ボール紙のフルート成形性については、様々な複雑な条件が複合されており、決定的な条件の一つを言うのは難しい。
しかし、ある限度内で常に高速で正確な骨(中芯)が形成されなければならないという点である。
一般的に、これを走行適性と呼称する。

●優れた接着適性

段ボールの製造における接着は、生産性を大きく左右する非常に重要な因子の一つである。
特にシングルフェイクでの中心とライナー接着は、 高速コールゲーターの場合、毎秒数百骨を形成するのが普通であり、このように短時間でフルートの形状を崩さず接着が可能な対応性を持つということが ボール紙に要求される最初の条件である。

段ボールの強度に重要な影響を与えるボール紙(フルート)の生産性として水分含量均一性、接着性(ライナーとの接着面になる)も大変重要です。

水分量が多すぎるとフルートにライナーがしっかり接着できず、結果として段ボール強度が下がってしまい、本来求められている強度が保てなく 役に立たなくなってしまいます。

また、物性として密度やエネルギー吸収量(引張強度)もボール紙(フルート)に求められる大切な要因です。

フルート部分が潰れてしまうと、衝撃吸収効果が減るだけではなく、さまざまに機能に支障をきたすからです。

このように段ボール製造においてボール紙(フルート)は段ボール構造上大変重要な役割を果たしているといえます

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans