幼稚園はがんばって岐阜!

子どもにとって幼稚園は大切な場所です

コーチング 父親

母親のもとに生

投稿日:

先生は涙をいっぱいためてその生徒を叱っていた。

もちろん、幼少期の親子関係によって、その後のすべての対人能力が決まってしまうわけではなく対人関係が変化、拡大するにつれて新しい関係を学んでいき、その感覚も修正されるものではあることを、補足しておく。
母とのスキンシップは依存的になるのを妨げるところで、対人関係への影響という点では、父親とのスキンシップのもたらす効果も見逃せない。
著者の行なった研究を紹介してみよう。
まず、大学生を対象に、親への愛着のタイプを判定する心理テストを実施し、安定型、アンビバレント型、回避型のどのタイプに属するかを調査した。
子どもへの愛情がないの?

父親としての一つの努力

同時に彼らの父親と母親には、それぞれ、学生が子どものころどのようなスキンシップをしたかについて答えてもらった。
すると、おもしろいことがわかった。まず、母親とのスキンシップが多かった学生からみていくと、安定型になる傾向が高く、アンビバレント型にはなりにくいという結果が出た。これは前にも述べたが母親とのスキンシップが多かった子どもというのは、自分に自信をもち、他人のことを信頼して親しくなることが容易になるからである。
精神分析学者のエリクソン一九〇二-一九九四の言葉でいえば基本的信頼感を高めるのだこの世に生まれてきてその存在を十分に受け入れてもらったため、自分の存在価値を感じられる。

 

母さん方にして


学校の級友の誰かだろうと思っていた。

また母親という最初の他者から温かく受け入れてもらったということで、人というのは信頼できるものだ
という思いを強くする。
一方、父親とのスキンシップの結果は少し異なるものだった。父親とスキンシップを多くすると、母親のタイプにかかわらず、回避型になるのを防ぐ傾向がみられた。父親とのスキンシップが豊富であった学生の回答内容からは、人と協調して何かをしていく能力が伸ばされている傾向がうかがえたのであるこのように、母子のスキンシップと、父子のスキンシップの効果は異なっているようである。
母親であれる

子供は家帰って校長母親とのスキンシップは、前述のとおり、自分が受け入れられ大切にされているのだ、という自信を強め、その温かさから、人は信頼できるものだ、ということを肌で学んでいく。これに対し父親とのスキンシップは、世の中に意識を向け、人と協調して自分を出したり引っ込めたりするような社会性を伸ばすのだと思われるまた、調査の中の、スキンシップの内容について詳しくみてみると、母子のスキンシップというのはたとえば抱っこをする添い寝をする母乳を与えるといったように、世話としてのスキンシップが多かった。
母さんがすごくうれしそうな顔をしてくれたなど
母さんがすごくうれしそうな顔をしてくれたなど

学校で見ている。

子どもにそっぽを向かれてそれに対して父親とのスキンシップは、スキンシップを用いた遊びをする泣いているとき抱きしめたり、頭をなでるなどの、コミュニケーションとしてのスキンシップが多かった。
ただし、これらの行動で、父親とのスキンシップが多かったといっても、母親と比べての差が小さかったというだけで、実際には母親が行なっている割合の方がやはり多いのである。しかしそれでも、子どもに対する効果は確実に見うけられたのだ。父親とのスキンシップは、たとえ頻度は少なくても、子どもには母親とは違った影響を必ず与えるのだということが分かるこうしてみると、なのだといえる。
子どもの心がバランスよく成長するためには、両親のスキンシップはどちらも重要ところで、母子のスキンシップは母子の一体感を強めるため、子どもを依存的にするとの批判的な解釈も時折耳にする。
子どもの生活に澄んだ青空のような笑顔があふれる

子どもがこん

そこでこの仮説についても、少し詳しく調べてみた。先に述べたのと同様の方法で、大学生とその両親にアンケートに答えてもらったのだ。
すると、予想に反する結果が出てきた。研究の結果は仮説とは逆だったのだ。母子のスキンシップ量と子どもの依存性とは、負の相関を示していた。つまり、母親とのスキンシップは依存的になることを防いでいたのだ。この結果は統計的にも十分に意味のある数値が得られている。
母親とのスキンシップは依存を防ぐ。

父親である以上あるんです。

-コーチング, 父親
-,

執筆者:

関連記事

no image

子どもにとって以上

目次1 子どもがキレやすくなっているといわれています1.1 教育そのものです。1.2 子供の手もとがぎこちないのは当たり前1.3 子どもは確実に中毒1.3.1 伸ばすのに役立つと思い込んでいます。 子 …