幼稚園はがんばって岐阜!

子どもにとって幼稚園は大切な場所です

子ども 母親

指導や命令という

投稿日:

子どもをきちんとひとりの人間として扱うこと。

子ども自身に借用証書を書かせましょう。
それによると、1母性的愛情系:母子の愛情2父性的愛情系:父子の愛情3仲間の愛情系:仲間同士の結びつき4異性の愛情系:異性間の性的な結びつきこれら四つの愛情系はそれぞれ独立して発達していくが、母性的愛情系
仲間の愛情系
異性の愛情系
とは、相互に影響を及ぼし合ってもいるまず、母ザルは子ザルを母性的愛情系により愛し、保護するが、ある時期になると、将来子ザルが自立できるように、身体接触を断つようになる。
幼稚園に行くと言い出したので三歳

子供たちが一緒になって遊ぶ

つまり母性的愛情系は、ある時期を境に弱まっていく。
一方、この時期は、子ザルの探索欲求が高まり、仲間に興味をいだくようになる時期と呼応している子ザルの側の仲間の愛情系が強まるのと同時に、将来の子ザルの分離、独立にむけて、母性的愛情系は質的な変化をしていくのであるところが、母子がいっまでも密着しすぎていると、母子の愛情系が強くなりすぎて固着してしまう。
すると、次にくるべき仲間の愛情系への移行がスムーズにできなくなり、さらには異性の愛情系も正常に発達できなくなってしまうのだ。
一方、こんな例もある。動物園でいつでもエサをもらうことができて、襲われる危険もなく、配偶者を見つける必要もなく、安穏とした環境で育ったチンパンジーなどの野生動物は、次第に獲物の捕らえ方や、野生の生殖本能が衰えていってしまうという。

 

成長と共に大人になっていくものでしてね

自分をアピールし、オス同士の争いに競り勝ってメスを獲得する、という本能的な力が衰えてしまうのだ。
これら二つの状態を合わせたものが、人間でいえばいわゆるマザコンということになる。彼らは親による過保護や甘やかしによって、成人男性としての能力が奪われてしまっている。そして母親との愛着がいっまでも強く、大人になっても続いているため、自分から積極的に恋人や配偶者を探してアタックする、といった行動をとらなくなってしまう。また同性の友人も少なく、母親べったりになっている傾向があるこのようなことからも、母親だけが子どもとスキンシップをしている状態は避けるべきなのである前のページでも述べたように、社会性を育むためには、父親とのスキンシップが大きな意味をもつ。
勉強したての若い保育士さん

母さんがガミガミ型
自立はできても社会で人とうまくやっていくことができず、結局引きこもりになってしまう若者が増えているのも、父親との接触が少ないことが一因とも考えられる逆に、グルやフリーターの増加となかったことが原因の一つとして考えられる社会性は高いが依存的で自立できない若者も増えている。一昔前に流行った
パラサイトシンいった問題だ。こちらは子どものころに母親とのスキンシップが足り母子関係の異常を引き起こさないようにするためには、父親が積極的に子どもと触れ合うことが大事だろう。父親は高い高いおんぶ肩ぐるまなどのスキンシップに象徴されるように、子どもに大人と同じ目線で世の中を見せ、その厳しさを教えてくれるまた、おんぶされているときは、赤ん坊は当然父親の身体とともに同じ目線で空間を移動する。

 

子どもがやりたいと言うものですから!

若者たちの肌の隔たり感さて、思春期を過ぎ、若者
と呼ばれるようになった子どもたちは、どのような触れ合いをしているのであろうか。
5それをみていく前に、最近読んだ興味深いコラムをひとつ、紹介しよう。
作家の五木寛之が書いていたものである朝日新聞1100三年七月二一日付朝刊
それはこんな内容だった。
戦後しばらくたった昭和二十年代のころというのは、子どもたちはごく自然にモノを貸し借りしていたとえば女の子がガムを噛みながらむこうからやってくる。仲間の一人が、ガム、貸してと言うとうんと、その子は口の中からガムを取り出して手渡す。借りたガムをしばらくクチャクチャ噛んでから、ありがとと言って返す。

学校はどうなの。


行為は物事をいろいろな角度から見る能力を育ててもいるようだこのたとえばイヌイットの母親は、寒さから守るために赤ん坊をいつも背中におんぶしてその上から毛布で固く巻いている。彼らは成長すると、ある光景を一点だけからではなく、いくつもの視点から同時に眺めることや、機械の分解や組み立てといった空間把握能力に驚くべき才能を表わすという。この才能は、イヌイットの場合は父親ではなく母親にではあるが、幼児期にいつも背中におんぶされていることで身につくのだと考えられている。
世の中の出来事をいろいろな角度で見て検討できるようになるには、父親のおんぶのような体験は欠かせないものなのである。そしてそれは、親のもとから真の意味で自立して、社会へと巣立っていくときに、大いに役に立つのである。
育てになるときちゃんとお呼びになってい

-子ども, 母親
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

育児にある。

目次1 母親のいない日1.1 しつけなのか。1.2 母親の役割が終わったと考えるときです。1.3 母さんとは違うんだ1.4 高校生になっても自分中心に物事を考え 母親のいない日 練習していたやつ たと …