幼稚園はがんばって岐阜!

子どもにとって幼稚園は大切な場所です

子育 成績

子どもに育ってほしいと思ったらその姿をきちん

投稿日:2018年6月4日 更新日:

大学に進学

小学校高学年になってくる

ダーウィンがある歌手の演奏会に出かけたとき、たまたまその歌手が喉の調子が悪かったらしく、途中で声をつまらせてしまった。するとそれを見た観客がいっせいに咳払いをしたというのである観客は歌手の歌声を単にスピーカーから聴くように聴いていたわけではなく、合わせて聴いていたからこそ、咳払いをしたわけだ。
歌手に自分自身を重ねこのような現象を実験で検討した人がいる。信州大学の社会心理学者·内藤哲雄は、一九七九年、ボクシングの試合を観戦したときの被験者の体の筋肉の動きを測定する実験を行なった,すると、被験者はじっと試合を見ているだけのようにみえても、実は対戦する選手がパンチを繰り出す腕の動きに合わせるように、腕の同じ部位の筋肉を動かしていることがわかったのだった。

母さんが虫や魚が苦手で遠ざける

さらに自分がまったく関心のない選手どうしが対戦するときと、場合とでは、後者の方が明らかに筋肉の動きは大きかった。
どちらか一方の選手を応援しているこの実験から、人は相手と心理的に一体感を感じているときほど体の共振が起こりやすいことがわかる。だからスポーツの試合を応援する人々はまさに、選手と共振して頭を抱えて落胆したり悔しがったりするし、またガッツポーズをして共に喜んだり字るのであるそれではなぜ、人はこのように身体が共振するようになるのであろうか。

 

子どもは別のところで遊んでいるという

しつけをしたような気分にもなります。発達過程に注目してみてみよう
驚くべき赤ん坊の模倣能力身体の共振というのは、どちらか一方を共振する主体とみれば、相手の行動への模倣
としてとらえることもできる。
模倣には直接模倣と延滞模倣の二種類があるまず直接模倣というのは、目の前にモデルになる人がいるときに模倣することである。
それに対して相手が目の前にいなくなった後に模倣するのは延滞模倣という。
前出のスイスの心理学者ピアジェは、理論化したわが子の行動を詳細に観察して、模倣行動の発達過程について生まれたばかりの赤ん坊を抱いて顔を近づけ、ると、赤ん坊も同じように口を開閉しはじめる。
れるかもしれないが、果たしてそうだろうか。

子どもの中で激しく呟いている声を聞いたのです。視線を合わせるようにしてこちらが口を開閉してみせ一見すると何も驚くには当たらないことのように思わこれを赤ん坊になったつもりで考えてほしい。生まれてすぐで、人の顔を目にするのは初めてだ。自分の顔さえもまだ見たことがないのに、自分の筋肉を動かして口を開閉させようとしているわけである生まれたばかりの赤ん坊にとって、口というのはまだ、母親の乳首を吸うときの唇の感触や舌の感覚で捉えている部分にすぎない。それなのに、視覚で捉えた目の前の人の口と、自分の皮膚で感じる触覚的な口を対応させているということになるこれは理屈では説明できない能力だといえる。説明できないけれど、そうなっているのだ。

母親が男と暮らすために三人

指導や命令という同じ身体をもつ者どうしだからこそ成り立ちうる模倣の基盤が、身体に刻み込まれているとでもいったらよいだろうか
さて、この直接模倣の段階を経て、モデルが目の前にいなくても、以前に見聞きした行動を真似るという延滞模倣ができるようになるのが、生後1年以上経ってからであるここで、ピアジェをはじめとして、従来の心理学では、模倣行動のメカニズムを模倣の意図
模倣対象のイメージ→模倣の実行という図式を想定して説明してきた。つまり、誰かの行動を模倣しようという意図がまずあって、次に見聞きした行動がイメージの形で記憶され、そして模倣行動が実行される、という順序をきちんとたどる、との説明の仕方であるしかし果たして、このモデルは正しいといえるのだろうか。
たとえば、先の例で考えてほしい。生後間もない赤ん坊は、果たして模倣の意図や、イメージする能力といったものをもっているのだろうか
あるいは、ボクシングの試合を観戦しているときに、図しているからだろうか。

母親は自分で奉仕したことに対して

母親だけが一人ひ思わず拳を握りしめてしまうのは、模倣を意そうではなくて、こういった模倣というのは、身体がいつのまにか相手と同じ行動をとってしまっている、としか言い表わせないものがほとんどではないだろうか。
私たちの身体の動きというのは、じつはそういった無意識的なものの方がはるかに多いのである。歩いているときの脚の動き、考え込んでいるときの腕を組むしぐさ、痒いときに知らないうちに掻いている手など、あげればきりがない。
もちろん、誰かのものまねをしようと意図して相手をよく観察しているときは別だが、ふだんの行動で模倣が起こっているときというのは、意図イメージというのは実態にそぐわないのではないかと思う。


指導や命令という 子どもが買ってほしいとねだったとき 幼稚園に行くと言い出したので三歳

-子育, 成績
-, ,

執筆者: