幼稚園はがんばって岐阜!

子どもにとって幼稚園は大切な場所です

先生は明るく

母さんは担任
これは母胎回帰の欲望であるが、単に子どもが母胎へ帰りたいだけでなく、子ども自身も身体に母親の姿を摂り込むという、相互的な包含の形をとるという。
やがてこの幻想は消え、幼児と母親を隔てる界面、つまりインターフェイスとしての自我が形成されるようになる。やがて成人して恋愛をすると、恋人たちは抱き合い、相手に包み込まれ、また相手を包み込むようになる。このような肌を通した包含関係こそが愛着の本質なのだ、と。
そして乳児期に母親が子どもの要求に十分に応えないと、赤ん坊は子宮内幻想に固着し自閉的な外被甲羅のように分厚い皮膚をもち、防衛的になり恋愛を拒否するようになるという。先に述べたインターフェイスとしての隔てる感覚が強くなりすぎるためである肌の接触には、融合と隔たりという二つの機能がある。母親が赤ん坊を抱いたりなでたり、恋人同士が抱き合ったリするときは、心も体もひとつに溶け合うような感覚を覚えるだろう。しかし完全に溶け合いたいという強い欲求は満たされることはない。肌の隔たり感がどうしても邪魔をするのだ。
また、肌への意識の向け方によっても違いがある。肌を接したときの相手の肌の感覚に意識を向ければ、それは相手を知ろうとする探索行動として肌の感覚は動き出す。

子どもをちゃんと見ていない。
しかし、肌のこちら側の感覚を意識するときは、相手に触れられている自分の境界としての皮膚が浮かび上がって、自分を意識することになる本章では、う。まずは、以上のような肌の接触という視点から、さまざまな人間関係についてみていこうと思その原形ともいえる親子関係から話をはじめよう。

なでなでされて育った子触れない育児法霊長類としてのヒトは、その先祖であるサルと同じように、触れ合うことで他者との関係を築いてきた。そして、サルの毛づくろいであるグルーミングにその姿の原形を見ることができるように、人と人が肌を触れ合うことは、良くも悪くも強い情動を伴うものであり、人類はそれを本能的ともいえるやり方で用いてきた。

子どもの周りには親だけでなく祖父

ところが、文明が急激に発達した十九世紀ごろからは、人と人との触れ合いばかりでなく、親子の触れ合いまでもが薄らいでいった。それは近代化、すなわち合理化を目指す現代文明のしわ寄せが、育児にも訪れたからに他ならない。これまで重視されてきた温かい愛情をたっぷりとかけることや、いつもそばにいて触れることは、非合理的なやり方だとして否定されるようになった。
二十世紀に入るとさらにこの傾向は強まった。アメリカの行動主義の先駆者である心理学者のワトソン一八七八-一九五八も、子どもに触れない育児法を推奨したRT行動主義というのは、子どもを把握する上で手がかりになるのは行動のみであるという考え方をする。

母さんでもつというわけだところ

岐阜市のおすすめ幼稚園

だから子どもの欲求や感情といった内面的なものは、まるで存在しないかのように切り捨てたのである彼が一九二八年に出版した本には、「子どもに抱っこやキスをしないこと。あなたの膝の上に座らせないこと。もしどうしてもキスする必要があるなら、おやすみ前に一度だけキスしてもよいでしょう。でも朝になって、おはようと言うときは握手にしなさい」と書かれている。子どもを機械やロボットのように扱い、両親は子どもに対して、愛や慈しみなど、情緒的なものは与えるべきではなく、理性的判断に基づいて接するべきである、と主張したのであるしかし当時の母親たちにとって、かわいいわが子に触れないようにするのは大変な苦痛だった。子どもを抱っこしたり、キスしたりなでたりするのは、人間の本能ともいうべき自然な行為だからである祖母や母親から教わる伝統的なやり方と、科学者が教えることとは明らかに矛盾していたため、多くの母親は混乱した。

子どもの毎日

しかし、子どもを抱いたりかわいがってはいけないと権威ある医師や学者に言われれば、かわいいわが子に間違ったことはしたくない。辛くても、赤ん坊が泣いてミルクを求めても、決められた時間になるまでは子ども部屋のドアを閉めたまま放置してしまった。
さて、このような触れない育児法で育った子どもは、その後どうなっただろうか。
五年から十年ほど経つと、次第にその影響が現われはじめた。子どもを巡るさまざまな問題が、社会問題として浮かびあがってきたのであるたとえば、アメリカの心理学者プレスコットは、不安や抑うつが非常に強く、また他人と良好な人間関係を築けない子や、感受性に乏しく、周囲のことに関心をもてないような子どもが増え、成長してからも多くの問題を次々に起こすようになってしまったと指摘している。
もちろん、これらのすべての原因が行動主義に基づく育児法にあるといっているわけではない。

母親たちの問題になって

しかし、心が最も成長するこの時期に触れられなかったことが、その後の心の問題に深く関わっていたであろうことは、これから示すデータでさらに明らかになるはずである
日本の伝統はべったり育児
それでは日本ではどうだったのだろうかといえば、伝統的にべったり育児が行なわれていた。母子密着型の育児法だ。家事をするときもほとんどおんぶひもで背中に密着させていて、自分が抱けないときは必ずといってよいほど祖母が抱っこして世話をしていた。また夜はひとつの部屋に両親と子どもがの字になって添い寝をしていた。当然母乳を、それも子どもの求めるままに与え、片時も離れることはなかった。
もっと昔の育児法をみてみると、さらに積極的なスキンシップをとっていたようだ。
小児按摩といって、赤ん坊へのマッサージも日常的に行なわれていたようである江戸時代まではあんまそんな日本の伝統的な育児法も、明治から戦後にかけて欧米から入ってきた科学的育児法によって非科学的であるとして否定されていった。

      1. 子どもが二十歳

 

      1. 母さんが口を出したりしたら言ってちょうだいね

 

    1. 勉強だとは思いませんパソコンの好きな子

スポット溶接機 DAIDEN|ダイデン SL-AJ-400  子どもにとって以上 教育した人間が社会へ出て

投稿日:2018年1月27日 更新日:

執筆者: